六道の辻・五山送り火  御先祖様の精霊



六道の辻、あの世への入口から精霊を迎える


d0252924_1242663.jpg


d0252924_1243668.jpg


d0252924_1245199.jpg




あの世には、生前の行いによって送られる、
「地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上」の六つの世界(これを六道と言います)があって、
それを決めるのが、閻魔大王様です。

d0252924_12101986.jpg



ですから当寺でも、閻魔大王様が祭壇の中央にお祀りしてあります。



d0252924_125850.jpg


若いおじいさんが お孫さんにしっかりと 
ご先祖様の意味 天国と地獄を簡素に教えていたことが印象的です



d0252924_1264426.jpg


d0252924_1265722.jpg


d0252924_1274174.jpg


「六道の辻」といって、現世とあの世の分かれ道とされてきました
東山 昔はこのあたりは 地獄と天国の境だっんだ
そういえば東山って お墓多いよね、


御盆前になったら六道さんに御参りして
御先祖様の精霊をお迎えに行くのです。

d0252924_128154.jpg


d0252924_1281570.jpg


d0252924_1283114.jpg


d0252924_1284157.jpg






ちわっす! gです



8月16日 大文字の送り火 今回は物議を醸しだしております
オイラも今年は真如堂辺りで ご精霊さんお迎えさせていただきたいと思っております

ブロンプトンで移動ですから問題ないです






皆さん大文字五山送り火 
通称 大文字焼き けっして焼き饅頭ではありません(笑)
お盆に帰ってきた先祖の魂(精霊。「おしょらいさん」)を各家で供養した後、
再びあの世に送り出すという意味があります。



「五山の送り火」は東山如意ヶ嶽の「大文字」がもっともよく知られ

、ほかに松ヶ崎西山・東山の「妙・法」、

西賀茂船山の「船形」、

金閣寺付近大北山(大文字山)の「左大文字」

及び嵯峨仙翁寺山(万灯籠山・曼荼羅山)の「鳥居形」

五つを指します。






お精霊さんは「大文字」でご先祖をお迎え 

南無妙法蓮華経のお経「妙・法」でお経 成仏

そして三途の川をわたる 船 「船形」、

再び姿を見せ「左大文字」、

最後に西にある鳥居をくぐって冥界に帰られるというわけです

送り火の灯を映した杯を飲むと中風にかからないといわれています。

風流で乙なことです

[PR]
by gotto5102 | 2011-08-12 12:24 | 京都


オイラの心を写す 写心ブログ   「諸行無常」    (PENTAX・OLYMPUS)とブロンプトン(S6L)です


by gottoさん

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ブロンプトン

夜景
ノクトン25mm F0.95
LUMIX G 20mm/F1.7
LUMIX G X VARIO PZ 4
ペンタックス・DA★200mmF2.8
ペンタックスk-7
OLYMPUS  PEN1Ls
京都
大阪
神戸
グルメ・酒・
山・アウトドア




思うこと・・・♥
未分類

フォロー中のブログ

楽しい 仲間たち
諸行無常の写心 

外部リンク


・・・・・・・・・・・・・


♥♥♥♥♥




ライフログ

タグ

(190)
(115)
(101)
(100)
(46)
(34)
(16)
(14)
(13)

最新の記事

空っぽになった孤独のグラスの..
at 2012-07-25 12:07
夜景  燃えるハーバーライト
at 2012-06-25 07:07
Oh! happy day
at 2012-06-24 08:47
水無月 悲しい季節ではない
at 2012-06-23 08:47
 曖昧(あいまい)な気分は ..
at 2012-06-22 14:36

以前の記事

2017年 12月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31