<   2011年 12月 ( 26 )   > この月の画像一覧

大阪の未来は日本の未来・・・♥



d0252924_1564512.jpg



シャンと背筋を伸ばす

唸りをあげながら 吹きすさぶ木枯らしの中

冷たく凍てついたアスファルトを見てはいけない


d0252924_1572779.jpg


d0252924_1573766.jpg




空を見ろ・・・ 煌々と七色に輝く大阪の街。

悲しみも喜びもあなたの言葉も忘れてしまう。

「夜景」 大阪をこよなく愛する人びとのための





d0252924_1575549.jpg



d0252924_15335549.jpg


どこか肩身が狭そうな光に写る。。

「悲しみは連れて行けぬぞ年の果て」

灯りに照らされた虹の色と水鏡が印象的。


きらめく輝きはそんな事を忘れさせてくれる



d0252924_15341131.jpg


d0252924_1534237.jpg



後ろ向きな未来. 2011年、

都市として、緩やかに滅んでいくか、再生するか

待ってはクレナイ 加速せよ大阪&日本


d0252924_15343637.jpg


d0252924_1534564.jpg



日本銀行 美しく写る しかし その実態は

個人の株主もいるようだ 信じがたい事実

この個人(39.4%保有)が誰なのかは、一切公開されていない。

ちょっと調べてみてね・・・♥



d0252924_15352260.jpg



希望と淋しさ、明と暗の表現は写心で表せない

子どもたちにどんな未来を残せるのでしょう?



近代日本の未来は西にあり! 近代日本の未来は大阪にあり


ガンバ大阪!~♫


d0252924_15353689.jpg



d0252924_15363582.jpg



美しい 「七色ボケたま」 未来の光になって欲しいです。


d0252924_1745230.jpg

[PR]
by gotto5102 | 2011-12-30 12:47 | 夜景

「絆」 今度こそ強くなると 約束してくれ  この手を握って 約束してくれ






きらめき 輝く粒子の一粒一粒・夜空の星 

閉じた瞼に魂の篝火(かがりび) 頬てらす

心ひとつに 集う 清き未来を語りあおう

寂しさに凍えてる. 涙が雪のよう

前を向いて歩きだそう

涙落ちる前に行かなきゃ


d0252924_18235799.jpg




両手広げ抱きしめる2011年の思い

d0252924_1824789.jpg



何度引き裂かれ 千切れただろう

希望が絶望に変わっただろう

壊れ去りかける日本

「絆」 壊れるくらい強く強く抱きしめていたい


d0252924_18242493.jpg





d0252924_1825614.jpg


確かな未来の愛は意識薄れつつある

数日で終わる2011年 

儚い輝きが絶えることないように

その最後の一瞬まで美しい輝き見せてくれ

手放してはイケない理想の未来

今度こそ強くなると 約束してくれ 

この手を握って 約束してくれ

d0252924_18283266.jpg

[PR]
by gotto5102 | 2011-12-29 11:09 | 夜景

飲んで・・・♥食べて・・・♥





d0252924_18332294.jpg


d0252924_18333548.jpg


d0252924_18334429.jpg


酒をついでおくれ 今日は飲みたいんだ

一人飲むのは淋しい

強くないのに今日は何杯飲んでも飲んでも酔いきれない

悲しいとき、

寂しいとき、

嬉しいとき、

悔しいとき、

人は感情が大きく動いたときに飲むのだろう



d0252924_18341477.jpg


d0252924_18343081.jpg


飲んで目頭が熱く 飲んで眼から涙 辛い気分わかってくれるなら

明日の話はやめとくれ

晴れた気持ちにはならない 曇った気持ちは 余計辛い 

飲んでいる夜は終わらない 昔の お手柄話は聞かないで

酒をついでおくれ今日は飲みたいんだ


d0252924_18344423.jpg


d0252924_1835473.jpg


d0252924_18351186.jpg





d0252924_18352487.jpg


d0252924_18353594.jpg


d0252924_18355232.jpg

[PR]
by gotto5102 | 2011-12-28 13:44 | 大阪

 一期一会 有難う御座います



d0252924_1253229.jpg



 フランスの哲学者のサルトルが絶賛し、

英国のエリザベス女王陛下ご夫妻が感動したというお庭。


ご存知 龍安寺


d0252924_12552726.jpg


女王が石庭を絶賛したことが海外のマスコミでも報道された。
そのため昨今では世界各地での日本のZEN(禅)ブーム ヨーロッパでは結構有名らしい 

 そういうこともあって、海外でも有名な『禅』のお寺なのです。


フィンランドの彼女も喜んでいた

、この庭には近世以来「虎の子渡しの庭」の別称がある。

この庭を「虎の子渡し」という中国の説話と結び付けるのは伝承にすぎないが

真実はわからず「方丈庭園」誰が何の目的で作ったか定かでない。

15に1つ足りない14は「不完全さ」を表すとされている

d0252924_1303626.jpg


15個の石は、庭をどちらから眺めても、

必ず1個は他の石に隠れて見えないように設計されているという。

しかし、中の部屋から1ヶ所だけ15個の石全てが見える位置がある

(完璧には見えない欠けて見えるところもある)

ドコで知ったか 彼女(フィンランド)は知っていた

正確に私が教えた(節目の板)



欠けて見えない石は 心をすまし 石の形を想像する  見えない石を見る 


そのようなことも少し話をすると瞳を見開いていたのが印象的だった

d0252924_12594535.jpg
d0252924_130489.jpg


このあと 仁和寺を散策後 



d0252924_1311478.jpg
d0252924_131435.jpg


嵐山の竹林が是非見たいとのこと




急いで竹林へ・・・
夕暮れは誰もいない 彼女(フィンランド人)
写真を撮りまくる(笑)
青竹より枯れた灰色の竹が好きだとか・・古風である



d0252924_1335093.jpg
d0252924_134389.jpg


フィンランドは当前だが「竹」はない
夕日が沈みかけ大気の関係で突然強く風が吹き始め「嵯峨野嵐」
竹林の音が木琴を叩くかのよう すごかった
その一瞬を彼女は非情に興味深く見上げていたこと・・何かを感じたようです



さすがに寒い渡月橋


d0252924_1351329.jpg



阪急嵐山駅から帰路に着いた

最初から最後まで絶えること無く皆で笑って喋った(笑)

桜の咲く頃 再来する予定らしい・・


d0252924_1362418.jpg




ちわっす!gです

彼女が最後に「一期一会」の意味をしっかりと自分で表現していたことは有難い

今回何故かご縁があって京都を案内して回った
社寺の写真では 一人で過ごす時間も多い
案内することの楽しみを知ってしまった。
コレもまた良し
この日に感謝 今に生きる
 出会いに感謝 有難う御座います

合掌

[PR]
by gotto5102 | 2011-12-27 15:36 | 京都

雅号紫芝山人( ししさんじん)雲關(うんかん)・通気




白壁(漆喰)で構成された禅寺建築は、禅宗寺院の特徴。

『雲關(うんかん)』という書が飾ってありました


入るためにはここを通る 通らなければならない

そのような意味? 奥が深い・・・

d0252924_11263075.jpg





つい立ての裏側には

通気(気を通ず) 雅号紫芝山人 ししさんじん


衝立の裏側に「通気」の字があるのに気づいた
「通気がよい」「空気がよく通る」などど解釈するのはまちがい。
「通る気」などどよむのは言語道断。
万物が育つ根元力というほどの意味だそうだ


沈思黙考の庭、

吾唯足知の蹲、

それに最初と最後の「雲関」「通気」の禅語。

一日居ても飽きない空間はここにある。


d0252924_1127846.jpg



「拝観料が高い」「お金払ってまで見たくない」
人其々 
若い人にも味わっていただきたいです。
見つめ直す時間はとても大切です
一度で心が満たされなければ
二度三度と・・・求める心があるなら・・・



d0252924_11365335.jpg

[PR]
by gotto5102 | 2011-12-26 11:42 | 京都

人生の逆算 ・Merry Christmas




Merry Christmas


d0252924_9115963.jpg




一年を振り返るには ちと早い? いや 思い出すことに時間がかかってくる歳になった。

思い起こせば 新しいブログに移行してから ブロンプトンでのつながりでお世話になった皆様

大きな力となり 今に至る 改めて感謝の気持ちで満ちている

最近は自転車ブログのはずが何故だか写真ばかりツブヤク用になった


コレもまた 良し 「楽しくやっていこう」 

なんてね 寒い夜に写真撮りながら 思ってたんだ。

携帯カイロ体にイッパイ貼り付ける

それでも手足先は冷たい感覚だね

 イカンね ビール飲むとトイレだけは近い(笑)


d0252924_9122011.jpg




d0252924_9124933.jpg



d0252924_9123377.jpg



幼心に思えば 『赤い靴下』

朝起きれば 赤い靴下に 何が入っているだろう

d0252924_9134543.jpg




人生の逆算 
恐ろしくて出来やァしない

しかし まだまだ棄てたものではない 
じゃもう少し 頑張るとしよう

昨日の晩飯が思い出せるまで・・
頼まれた用事を忘れないようになるまで・・・
言いかけた女優の名前を思い出すまで・・
メモがわりに自分の手のひらにペンで書きこむことはやめよう・・
少女時代♥ 3人以上の名前は覚えたい♫



『自分が・・』
なんて思うのはやめよう もう一人では力が半減だ

人の力に寄り添う甘えるときも必要
見渡せば人は満ちている 溢れている
流れる水に身を任せてみるも良し

新しい出会いがソコにある

待ってていてください まだお会いできない皆様へ・・・gより





ちわっす!gです

メリークリスマス・・・♥
少しでもましな未来となりますように。
祈るだけです・通じないかもしれませんが・・・♥

[PR]
by gotto5102 | 2011-12-25 19:07 | 夜景

kyoto,Kinkakuji,GoldenTemple




d0252924_12181642.jpg




先日の大徳寺塔頭高桐院での出来事

光があふれていた 

突然きらきら輝いていった木漏れ日から風が吹き抜けると

放物線を描くように舞い散る一枚の枯れた笹の葉

揺れ落ちてきた

彼女(フィンランド人)と私は

思わず言い合った、この瞬間は (落ちてくる笹の葉)

あるべきこと必然だったのか

それとも偶然か 

今 この瞬間に居なければ感じることは出来なかったはずだ 

 不思議な瞬間に禅の説法を解くこともないが


彼女に何かを教わった瞬間だった、

また違った角度で落ちる枯れ葉一枚の笹に

「あ!」


「ある」ことの奥深さを説いているような気がする


「さとった人が 悩 む」 というのは、意外でしょうが事実です

もちろん難解な禅語を駆使して厳格に説法することは

ありえないし、できもしない(笑)

d0252924_1224679.jpg


d0252924_12243076.jpg


d0252924_12251338.jpg




嗚呼 美しすぎる金閣寺



金閣寺 茶菓子

いわゆる 限定品 

d0252924_8482539.jpg




金閣 千本玉寿軒

金閣寺限定 『金閣』 と言う 和三盆糖の菓子

 ほんのり幸せな甘みに 思い出される洛西の時間

d0252924_8484746.jpg

[PR]
by gotto5102 | 2011-12-23 09:01 | 京都

Jealousy 三島由紀夫 金閣寺








Jealousy




d0252924_934447.jpg



d0252924_10204857.jpg

 
何故 金閣寺がジェラシーなのか・・・

d0252924_9363070.jpg




d0252924_10214322.jpg




d0252924_9365322.jpg



d0252924_9351599.jpg



1950年7月1日、「国宝・金閣寺焼失。放火犯人は寺の青年僧]



1950年7月2日の未明、鹿苑寺から出火の第一報。

消防隊が駆けつけた時には

既に舎利殿から猛烈な炎が噴出して手のつけようがなかった


夕方になり金閣寺の裏にある左大文字山の山中で

薬物のカルモチンを飲み切腹してうずくまっていた

青年僧を発見し、放火の容疑で逮捕した


三島由紀夫は「自分の吃音や不幸な生い立ちに対して金閣における

美の憧れと反感を抱いて放火した」と分析

実際のところ真相は解き明かされることはなかった

事件の顛末(てんまつ)を聞かされて衝撃を受る 母親は、

山陰本線の列車から京都府亀岡市の保津峡に飛び込んで自殺した


辛い修行に耐えられず輝き続ける

美しすぎる金閣寺に  嫉妬  してしまった。



ちわっす!gです

金閣寺 おのずと知れた世界遺産 世界中から多くの人の観光名所
京都の象徴でもあるように輝く
しかし 哀しいかな焼けた金閣寺は国宝にあらず
住職は税務捜査発覚で巨額の追徴金
(坊主丸儲け)

それでも皮肉にも美しく輝く金閣寺
私も何故か嫉妬してしまうお寺だった

後日金閣寺続きます。

[PR]
by gotto5102 | 2011-12-22 10:43 | LUMIX G X VARIO PZ 4

落葉 大徳寺塔頭 高桐院




妻の友人宅でステイ中

フィンランンドからの女性を京都に案内した。

d0252924_19594273.jpg



驚いたことに 私以上に素晴らしい一眼レフテクニックを持った20歳の美人だ!

彼女の愛機はニコン 広角サブでキャノンのコンデジ最新型

攻め方が素晴らしい ポケットから素早くサブカメラ広角に・・コレには一本取られた!

当然ながら 流暢な日本語でカメラの話になったことは言うまでもない

d0252924_2002853.jpg


古い日本の文化を理解 写真に収めるアングル まさしく 本物の狩人のように荒々しくそして繊細

大いに参考になった

d0252924_2004855.jpg
d0252924_201936.jpg


d0252924_2015484.jpg


大徳寺 塔頭 高桐院 

d0252924_2053395.jpg


d0252924_2045291.jpg


朝の一雨でしっとりと・・・

エントランスの落葉がフインランドの人に感動を与えたようだ


d0252924_2061451.jpg


さて 京都観光は大徳寺塔頭高桐院からだが これから 洛西を回るとします・・・

後日お楽しみに・・・

d0252924_200219.jpg

[PR]
by gotto5102 | 2011-12-21 16:07 | LUMIX G X VARIO PZ 4

世界は動いてる でも かわらない京都の街



静けさが心地良い

寒気が程よく気持ちいい

何も変わらない

何も変えない



d0252924_9331773.jpg



d0252924_9353098.jpg



朝 石畳は濡れていた



d0252924_932274.jpg
d0252924_9321842.jpg


元気な子供たちの声が響き渡る

d0252924_936395.jpg



d0252924_9362553.jpg





ちわっす!gです

まったりと 京都で過ごす時間 帰り キオスクで見た新聞の一面

ビックリだった、

50日以上姿を見せなかった 北朝鮮国営放送おばさんアナ 憶測を呼んでいた

喪服で涙で報じた 「金正日総書記」急死


盛者必衰の理をあらわす

ただ春の夜の夢のごとし


たけき者も遂にはほろびぬ


偏に風の前の塵におなじ




北朝鮮の独裁者は病気で権力から落ちた

カダフィー大佐も死んだ ビンラディン殺害された

2011年 激動の流れになった 全てに絶対起きることのないことが現実に起きた。

(絶対なんて存在しない)

「アラブの春」で独裁者が民衆の力で権力の座から引きずり降ろされた、

北朝鮮の民衆の力はこれからどのように動いて行くのだろう

経済・軍・民衆(難民)がポイントになりそうだ


TVでは他国の事をこれだけ時間を割いて論議することは 日本に取っても不安定な要因のだろう

金王朝ロイヤルファミリーの忠誠心争 いや どさくさの権力争いで

突発的なミサイルや軍越境が起こらないことを願っている




LUMIX GX VARIOPZ 45mmー175mm 切れ味いいね!~
[PR]
by gotto5102 | 2011-12-20 18:58 | LUMIX G X VARIO PZ 4


オイラの心を写す 写心ブログ   「諸行無常」    (PENTAX・OLYMPUS)とブロンプトン(S6L)です


by gottoさん

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ブロンプトン

夜景
ノクトン25mm F0.95
LUMIX G 20mm/F1.7
LUMIX G X VARIO PZ 4
ペンタックス・DA★200mmF2.8
ペンタックスk-7
OLYMPUS  PEN1Ls
京都
大阪
神戸
グルメ・酒・
山・アウトドア




思うこと・・・♥
未分類

フォロー中のブログ

楽しい 仲間たち
諸行無常の写心 

外部リンク


・・・・・・・・・・・・・


♥♥♥♥♥




ライフログ

タグ

(190)
(115)
(101)
(100)
(46)
(34)
(16)
(14)
(13)

最新の記事

空っぽになった孤独のグラスの..
at 2012-07-25 12:07
夜景  燃えるハーバーライト
at 2012-06-25 07:07
Oh! happy day
at 2012-06-24 08:47
水無月 悲しい季節ではない
at 2012-06-23 08:47
 曖昧(あいまい)な気分は ..
at 2012-06-22 14:36

以前の記事

2017年 12月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧